株式会社マルヤマ
TOP/消防設備保守点検/消防設備保守点検とは

消防設備保守点検とは

【消防設備の点検・報告は、防火対象物関係者の義務です。】

「消防法第17条の3の3」には次のように定められています。
第十七条第一項の防火対象物(政令で定めるものを除く。)の関係者は、当該防火対象物における消防用設備等について、総務省令で定めるところにより、定期に、当該防火対象物のうち政令で定めるものにあっては消防設備士免状の交付を受けている者又は総務大臣が認める資格を有する者に点検させ、その他のものにあっては自ら点検し、その結果を消防庁又は消防署長に報告しなければならない。

点検とは

・消防用設備が技術上の基準に適合しているかどうかを機器点検又は総合点検により確認することです。消防用設備等についての知識、技術のない人が点検を行なっても、不備欠陥が指摘できないばかりか、かえって消防用設備等の機能を損なうことも考えられます。
・防火対象物の規模や消防用設備等の内容により、火災発生時に人命危険の高い特定防火対象物でその規模が大きい対象物については、消防設備士又は消防設備点検資格者が点検を行なうこととされています。

機器点検

・消防用設備の設置状況及び機器の配置、変形、損傷等、外観から判別できる事項を確認することです。
・消防用設備の外観から又は、簡易な操作をすることにより判別できる事項を確認することです。
・非常用自家発電設備又は動力消防ポンプの正常な作動を確認することです。

総合点検

・消防用設備の全部若しくは一部を作動させ、総合的な機能を確認することです。

資格者が行う点検防火対象物

・特定防火対象物(映画館、キャバレー、飲食店、百貨店、ホテル、病院、地下街など 不特定多数の人が出入りする建物)で、延べ面積が1000u以上のもの。
・非特定防火対象物で、延べ面積が1000u以上のもののうち、消防長又は消防署長が指定するもの。 (各市町村により指定区分が異なる)

もどる TOPへ

消防設備保守点検/ 消防設備保守点検とは/ 点検が必要な設備の種類/ 点検結果報告書/ その他の提出書類/ 防火対象物点検/ 点検報告を必要とする防火対象物/ 防火対象物点検結果報告書/ 防火対象物の用途区分表/ オススメ消火器/ 悪徳業者にご注意を/