株式会社マルヤマ
TOP/防火対象物点検/定期点検報告制度の目的

【定期点検報告制度の目的】

防火対象物の管理権原者等による防火管理の徹底を図ることを目的に、一定の規模、用途の防火対象物については、管理権原者に対し、火災予防に関する高度な経験を有する者に消防計画の作成、避難・消火訓練等防火管理業務、防炎対象物品の使用などについて、定期的に点検をさせ、その結果を消防長または消防署長に報告することとした。


防火対象物定期点検項目
@防火管理の届出消防計画の作成点検義務のある防火対象物では、甲種又は乙種防火管理者の資格を持つ防火対象物の関係者を防火管理者に選任し届出を行う必要があります。その上で消防計画を作成し消防訓練等の実施を行う事となります。
A消防計画に関する事項 防火対象物点検では、上記の選任届や消防計画の届出が行われ、消防計画の通りに訓練などが行われているか等 の聞き取り調査を実施します。
B避難上必要な施設の調査火災発生時に安全に避難ができるよう、窓が塞がれていないか、避難口までの通路上に物が置いていないか、防火対象物の構造の観点からも避難器具は問題なく使用できるか等を点検します。
C防災物品の調査使用されているカーテンや、絨毯、のれん等に防炎表示がされているかを点検します。
D消防用設備等の設置、点検の調査消防用設備等が問題なく設置され、消防用設備等点検結果報告が定期的に実施・届出去れているか又、設備が報告のとおりに設置されているか調査します。
E火を使用する設備の管理状態の調査コンロ等、火を使用する設備が問題なく設置されているか調査します。
F少量危険物の取扱・貯蔵の調査可燃物、少量危険物の貯蔵取扱に問題がないか調査します。

もどる TOPへ

消防設備保守点検/ 消防設備保守点検とは/ 点検が必要な設備の種類/ 点検結果報告書/ その他の提出書類/ 防火対象物点検/ 点検報告を必要とする防火対象物/ 防火対象物点検結果報告書/ 防火対象物の用途区分表/ オススメ消火器/ 悪徳業者にご注意を/